賃貸管理は工夫して効率化しましょう|安定した収益に繋がる

修繕積立金を把握しよう

積み木

費用も考えよう

中古ワンルームマンションで不動産投資をするにあたって、どのような投資物件を選ぶかということは非常に重要なポイントです。多くの人はエリアや築年数にこだわります。もちろん、これらも重要な要素です。しかし、これらの要件だけでは、優良な投資物件を選んだとは言えません。なぜならば、不動産投資においては、収入が途絶えないことを考えるだけでなく、費用が膨らまないことも考えなければいけないからです。この費用の面で重要となるポイントが修繕です。中古ワンルームマンションで不動産投資をすると、毎月、修繕積立金を支払うことになります。しかし、この修繕積立金の額は、十分な金額が毎月積み立てられているわけではありません。当初はかなり低く設定されていることが多いです。修繕積立金の総額が少ないと、大規模修繕を行うことができません。もしくは、マンション管理組合が借金をして大規模修繕工事を行うことになります。こうした事態を避けるために、いずれかのタイミングで修繕積立金が大幅に値上げされるか、修繕一時金が徴収されることがあります。修繕積立金が極端に少額である場合には、このようなケースに陥ることを想定しておきましょう。これを避けるには、購入する際に修繕積立金総額をきちんと把握しておくことが重要です。修繕積立金総額は仲介を担当する不動産会社に問い合わせれば教えてくれます。この手間を惜しまず、良質な中古ワンルームマンションを買い、不動産投資を成功に導きましょう。